牧瀬みさ伝承

牧瀬みさちゃんのマシンガンのようなアエギ声に萌え萌え

RSS 2.0

ソフトSMなのに彼女の感度はハード

北海道の風俗店で働いていたという噂がある牧瀬みさちゃん。

ファンにとってどうでも良いことですが、もしも彼女が風俗店で働いていたら、遊びにいってみたい!と思ってしまいました。

今回は、マシンガンのようなアエギ声と意味不明の言葉がパワーアップした「拘束中出し×舐め地獄×被虐アクメ」という作品を紹介しましょう。

数パターンの設定がある中より、個人的な趣味でスクール水着のシーンを抜粋しました。

赤レンガの壁に拘束器具が装備されているので、ラブホテルのSMルームで撮影したと思われます。

両手を拘束された牧瀬みさちゃんは、ちょっと心配そうな目をしているのです。

そんな彼女の心境を無視して、男優二人による電マ攻撃がスタートします。

性感帯の周囲から責めて、じっくり焦らす作戦のようです。

太ももの振動がバギナに伝わり、脇の下の振動がGカップの爆乳に伝わっていきます。

頃合をみはからって伝マをアソコに当てると、いつもよりアエギ声が大きい気がしたのです。

さらに、ピンクローターやバイブまで持ちだされ、3点同時責めでアエギ声がマックス!

とろーんとした目線のままフェラを強要されました。

電マのダブル攻撃で初失禁を体験!

休む間のなく後背位の合体です。

逝った後の敏感な体は直ぐに反応し、首を横に振りながらも腰を突き上げてきます。

ソフトSMですが、彼女の感じ方はハードでした。

こちらをチェックしてからGO!⇒http://www.limpiezadefachadastenerife.com/